これだけは絶対に押さえなさい!構造設計塾Vol.1 DVD

DVDセミナー内容

Vol.1これだけは絶対に押さえなさい! 構造設計塾  26年度版!

今年こそは構造設計一級建築士考査に合格すると決意した方!

考査は、構造設計の骨子を理解しなければこれを突破することは出来ません!
その要点は、構造設計の基本、構造耐力を定める「法第20条」です。
この細部は国土交大臣が告示を定めており、この要点を理解しなければなりません。
ですから「構造設計」取り組む最初のステップは各構造別に分かりやすく規定を理解するため
「計算ルート・構造別フロー」が必要となってくるのです。今回は、このフローから

1.弾性設計(一次設計)
「どのような安全検証をするか」という事の理解をテーマに講義を進めます。

2.弾塑性設計(一次+二次設計)
「一次設計→二次設計」とまたがっている。ということの理解をテーマに講義を進めます。

3.実務の対応・適合性判定のQ&A
計算ルート・構造別フローの例設問の例を挙げて
「何を理解しなければならないか」を解説。

以上のカリキュラムで今回の講義は進めます。

Vol.2これだけは絶対に押さえなさい! 構造設計塾  26年度版!

今年こそは構造設計一級建築士考査に合格すると決意した方!

構造設計の基本は構造力学です!
その要点は、慣性力として作用する外力と内力を理解することなのです。
Vol.2では、この点を中心に解説を進めてゆきます。

1.静定構造物
力の釣り合い条件のみで解が得られる 。

2.不静定構造物
力の釣り合い条件と変形による節点、層方程式によって解を得る。

3.設問の対応例
H25年度の考査を参考に

以上のカリキュラムで今回の講義は進めます。

Vol.3これだけは絶対に押さえなさい! 構造設計塾  26年度版!

今年こそは構造設計一級建築士に合格すると決意した方!

構造設計の基3番目のキーワードは構造部材です。
その要点は、「密度」「圧縮強さ」「せん断強さ」「ヤング係数」「せん断弾性係数」
「線膨張係数」「ポアソン比」「熱伝導率」「比熱」など、様々な指標と呼ばれるものがあります。
Vol.3では、実際によく使用する「木材」「鋼材」「鉄筋」「コンクリート」
「合成した複合材」などの固有の特性(指標)を理解することを重点的に講義いたします。

1.材料特性について
「木材」「鋼材」「鉄筋」

2.材料特性について
「コンクリート」「合成複合材」

3.設問の対応例
H25年度の考査を参考に

以上のカリキュラムで今回の講義は進めます。

Vol.4これだけは絶対に押さえなさい! 構造設計塾  26年度版!

今年こそは構造設計一級建築士に合格すると決意した方!

構造設計の基本 4番目のキーワードは崩壊形です。
構造物の「弾塑性設計」の中で精粋(要点)であり 「弾性限界」→「降伏」→「塑性流動」→「終局」の
時系列による部材断面内の構造材料の元素の挙動 追跡を現象として物理的に捉えたものに他なりません。
建築構造学における「崩壊形」には「メカニズム」があり「挙動の追跡」が必要です。
それも、「弾性域と塑性域」の全体像を把握しなければならないから厄介なのです。
まずは、「弾性域=降伏まで」についてどう理解すれば身につくのかを学びましょう。
その足掛りは、使用材料の「変形追随」を知り、「剛性」であり「曲率=曲がりにくさ」を含めて どうなっていて、
「弾性域=降伏までの変形追随」の役割などを理解する事です。 そこで、このセミナーで取り上げるのは下記のとおりです。

1.「降伏まで」の理論

2.「降伏から終局」へ至る理論

3.設問の対応例
H25年度の考査を参考に

以上のカリキュラムで今回の講義は進めます。

【講師】
数多くの「構一」受験対策セミナーを開催し実績を上げてきた
橋本 省三 氏 構造支援のハシテック 主催
元確認検査機関での適合判定の審査を行う《構造設計一級建築士》


【費用】
16,200円→各8,100円(消費税・資料代込み・送料含む)

お申し込み方法

下記お申し込みフォームより必要事項をご記入頂き、送信してください。
ご記入いただいたメールアドレスへ、折り返し確認メールが届きます。
商品と請求書を送付させて頂きますので、3営業日以内にお振込み下さい。
※商品の特性上、返品不可とさせて頂いております。

お申し込みフォーム

◆お申し込みに際して特定商取引法に基づく表記をご一読下さい。


※よくご確認ください
受講料
コース選択 ※必須
受講料 (通常価格の半額!)
貴社名
お名前 ※必須
フリガナ
メールアドレス ※必須
※携帯メールの場合は、PCからの
メールを受信できるよう設定ください。

(確認の為再入力)
電話番号 ※必須
FAX番号 ※必須
ご住所 ※必須
  1. 郵便番号を調べる
  2. 都道府県
  3. 市区町村
  4. 丁目番地
その他お問い合わせ
内容確認 ※必須
  

建築家の方々へ役に立つ最新情報をお届けする!メルマガ建築家ニュース

メルマガ購読・解除

『建築家ニュース』

»読者購読規約 / »バックナンバー
平成26年度修了考査模範解答DVD
平成25年度修了考査模範解答DVD
平成24年度修了考査模範解答DVD

※上記模範解答教材は、考査問題の引用転載について、公益財団建築技術教育普及センター許諾済み。弊社が独自に作成したもので公益財団建築技術教育普及センターには関係ありません。

基礎から見直す構造計算取得講座
DVDセミナーコンプリートセット
構一考査 合格に絞ったDVDセミナー